Garland -tie the"dreamy"-

素敵な物を繋げて暮らしたいプレママブログ

BOBOの快適マタニティウェアと、「甲状腺と妊娠」のこと

土曜日、10moisに行った際にBOBOのマタニティウェアが半額になってたので購入しました。世の中マタニティとは思えないような素敵なウェアが沢山ある中、私は購入しないぞ!と思っていたのですが7ヶ月を前にだんだんお腹が大きくなってきて着ているワンピースがパツパツになってきました。なので初めてのマタニティウェア。優しいカラーリングのタオル地で着心地が気持ち良くポケットの形が可愛いです。部屋着ですが、店員さん曰く外出着としても〜とのことでした。ヘビロテします!

f:id:spicatlatte:20151021184410j:plain

土曜日に10moisに予約したのは、表参道にある通院中の病院に診察があったついでです。もともとバセドウ病だったのですが一度治り、昨年末より再発して治療中でしたが今回の診察で投薬治療が完了しました。(血液検査は引き続き産後まで行います。)妊娠と甲状腺の関係は結構シビアです。決して妊娠できないわけではないのですが、ハイリスク出産になります。事実、私が一番希望していた自由が丘にある産院ではホームページに「甲状腺疾患のある患者様はお受けできません」とあり、ダメ元で「数値は落ちつているんです!」とお願いしましたがやはりお断りされました。バセドウ病の担当医からも総合病院を勧められましたし、ハイリスク出産に特化した某国立医療センターだと妊婦専用甲状腺外来というのがあり、本当はそういう病院にかかるのがベストです。私は3年ほど前に稽留流産したのですが、その際も甲状腺の数値に異常があって「言い切れないけど流産の原因かもしれない」とのことでした。今回、私が飲んでいた薬は特効薬ではなく「ヨウ化カリウム丸」という副作用がほとんどない薬です。再発病した際なぜか肝臓の数値が全体的に悪かったのと、将来的に妊娠を希望していたのでできるだけ身体に負担をかけない治療をするためでした。11ヶ月と時間はかかりましたがとりあえず落ち着いて良かったです。気をつけなければいけないのが産後で、バセドウ病というのは妊娠中はむしろ落ち着く傾向にあり、出産から数ヶ月後に急に悪化したり、あるいは一時的にベビーに甲状腺異常が現れたりします。また妊娠前は健康であった妊婦も出産後は20人に1人の割合で甲状腺に異常が出ることがあると言われています。初めての出産と育児にバセドウ病による体調不良が重なるかもと思うと不安ですが、なるようにしかなりませんね!